作成者別アーカイブ: Blue10 Amplifiers

Blue10 Amplifiers について

真空管ギターアンプのリペア・モディファイ・ビルドの専門店です。 そのアンプがポテンシャルを発揮できるようなリペアやメンテナンス・モディファイを心がけています。 ヴィンテージアンプクローンをベースにしたオーダーメイドアンプの制作にも力を入れています。

臨時休業のお知らせ

5月4日金曜日は終日臨時休業とさせていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

DSCF7114.jpg

広告

ギターアンプショップ①

Fender Super Reverb Blackface 1967〜1968年製

Super Reverb Blackfaceも少しずつ減少傾向にあります。

全トランスが1967製オリジナル個体で、シャーシは1968年製のシリアルナンバーとなっています。

弊店にて回路真空管フルメンテナンス済みで、使用期間は短くプレイヤーズコンディションのサウンドです。

高級ステップアップトランス付きで、直ぐに使用できるお買い得な個体です。

価格についてはお問い合わせください。

TEL:06−6763−7712

今後、少しずつではありますが販売アンプをこちらのブログでご案内させていただきますので

何卒よろしくお願いいたします。

IMGP4544.JPGIMGP4550.JPGIMGP4554.JPG

 


セッティングが全てのアンプ

Two-Rock Opal 初期個体のメンテナンス及びセットアップを行いました。このアンプはアンプのイコライザトーンスタッグをセッティングできますが、更に回路にてのトーンセッティングを、バイアスも含め細やかにユーザーセッティングができるようになっています。

生かすも殺すもエンジニアセッティング次第のアンプです。

今回はセッティングが全て上手く行ってなくて、真空管選択等から全てのセッティングができて、生き返ってくれました。


30TH ANNIVERSARY

ヘッドタイプのModel 6100は多く輸入されてますが、この個体は非常にレアなMarshall Model 6101 のコンボバージョンです。

12インチ高耐圧セレッション一発とコンパクトですが、100W出力となっています。

6100も6101もパワー回路が2バージョンあり、輸入されています回路は一律のセッティングになっていますので、本来の性能を発揮できてない個体が多いです。

今回のこの個体のセッティングの後のサウンドがかなり変化があったので

今後は回路やパワー管を見極めて、それぞれの個体のベストパフォーマンス

を引き出したいです。


明日の営業時間臨時変更について

明日、3月6日(火)は営業時間が16時までになります。

よろしくお願いいたします。


BrownとSilver

Fender Champ 1969年でトランスがBlackface期仕様で回路をメンテナンスし

スピーカーコンディションの問題とされた個体でしたが、レンジも広くミドルも豊かに鳴ってくれています。

Fender Reverb Unit 1962年製と一緒に鳴らすと豊かに響きます。


通称Mark1

Mesa/Boogie Super60/100 Reverb 1976年製のメンテナンスアップです。

過去にされたカスタムメンテナンスはキャラクターが変わってしまっていました。

回路を元に戻し、電子パーツ等もこの時代の個体に合うものに入れ替えて、ベーシックなサウンドコンディションで鳴ってくれました。

素晴らしいです。